青少年育成・高齢者生涯学習事業「地元の人と棚田で田植え」

2015年5月31日

青少年育成事業並びに高齢者生涯学習事業として、首都圏の子供とその家族を長野県小諸市の棚田で、地元の高齢者を指導者として田植え体験を実施しました。

少子高齢化による農業地域の後継者不足による離農が進む中で、農業を知らない都市部の子供たちに農業の大切さを伝えることと、地元高齢農業者が生きがいをもって農業を維持できることを目的としました。

 首都圏の子供たちや家族に対して、棚田での田植え体験を通して水田や農業の大切さや大変さを学びました。また地元の高齢農業者を講師として子供たちに指導することで、地元の高齢者の生きがいづくりにも寄与しました。

◆実施日・・・・・・・平成27年5月31日(日)

   

◆場所・・・・・・・・長野県小諸市 上の原地区棚田

 

◆参加者・・・・・・・大人13名、子供8名、指導者9名

 

◆天気・・・・・・・・晴れ

実施内容

5月31日(日)

7:00

大宮ソニックシティー 集合・出発

10:45

小諸市菱野公民館到着

10:45~12:00

昼食・指導者ミーティング・着替え

12:00~12:15

オリエンテーション

12:15~12:30

バス移動棚田へ

12:30~14:30

田植え

14:30~15:00

休憩・おやつ

15:00~15:15

バス移動

15:15~16:30

温泉入浴(あぐりの湯) 

16:30

小諸市出発

20:00

大宮ソニックシティー到着・解散