青少年育成・生涯学習支援事業 地元の人と棚田で稲刈り

2015年10月4日

都市部の子供とその家族を対象に、小諸市の棚田で地元の高齢農業者の方を講師として稲刈りとハゼ掛を体験し、子供たちとその家族に農業の大切さや自然の偉大さを感じていただきました。指導する高齢農業者の方々には農業の大切さや大変さを都市部の方々に伝える事の重要さと自らの生きがいを見出せるような体験となった。

今回参加した方々は、春の田植えにも参加していただいた方々なので、自分たちが植えた苗が実ったのを見て感慨深いものがあるとの事であった。子供たちも田植えと稲刈りに参加し、お米づくりの大変さを身をもって感じ、これからは一粒残さず食べるようにしたいということであった。また、昼食とおやつは地元農家のおばちゃんたちが手作りで田舎のごちそうを振舞い、中には作り方を聞いているご家族もいたほど皆さん大喜びであった。

◆実施日・・・・・・・平成27年10月4日(日)

   

◆場所・・・・・・・・長野県小諸市菱野地区

 

◆参加者・・・・・・・22名 指導者6名 市役所農林課2名

 

◆天気・・・・・・・・晴れ 気温 22℃

実施内容

10月4日(日)

8:00

大宮ソニックビル出発

11:30

小諸市菱野公民館到着

着替え、昼食

12:30

棚田到着、稲刈り、ハゼ掛体験開始

14:30

稲刈りハゼ掛体験終了、おやつ

15:00

棚田出発

15:20

温泉センター到着、入浴・買い物

16:30

温泉センター出発

19:00

大宮ソニックビル到着・解散